「日本共産党土砂災害相談支援センター」が開設される

 日本共産党は、6月6日(土)午前10時から「8・20土砂災害相談支援センター」の開設式を広島市佐南区の同センターで開き約20人が参加しました。

 開設式では、昨年8月に74人もの犠牲者を出した大災害の発生直後から被災者支援で、「日本共産党広島県委員会土砂災害対策本部」の事務局長として、先頭に立ってがんばってきた大平喜信衆議院議員がかけつけ、「被災者、地域住民のみなさんのよりどころとなるよう力をあわせましょう」とあいさつ。村上昭二党県委員長が党を代表してあいさつし、県災対連の川后和幸代表が連帯のあいさつをしました。

 被災者の2人が当時のようすや行政の対応、支援ボランティア活動に励まされたことをのべ、「センター開設には大いに期待している」と話しました。春名なおあき参院比例候補から連帯メッセージが寄せられました。

 広島市議の藤井とし子センター長が「毎週、月・木・金の午前10時から午後3時まで開所しています。お気軽にご相談を」と訴えました。

 ★「日本共産党8.20土砂災害相談支援センター」の住所・電話番号

 広島市安佐南区緑井8丁目214 電話 082(962)6494  FAX 同(962)6495