災害支援募金 広島市に手渡す

 日本共産党中央委員会と広島県委員会は24日、広島市の土砂災害で全国から寄せられた支援募金を広島市に届けました。

 仁比聡平参院議員(広島等豪雨災害対策本部事務局長)、村上昭二県委員長(県豪雨災害対策本部長)が市役所を訪ね、西藤公司副市長が受け取りました。

 渡した支援募金は、中央委員会が500万円、県委員会が2次分として200万円です。

 仁比議員は、貸家の持ち主や車の被害などもあることから、「すべての被災者に渡るようにしてほしい」と要望。西藤副市長は、対象を広げて渡していきたいと答えました。

 合わせて仁比氏は、市の応急復旧計画の説明会について、小さな単位できめ細かく対応し住民合意の場にしていくこと、がれきの撤去が遅れているところは、いつまでにやるか示してほしい、被害住宅の認定を住民の合意ができるものに、などと要望しました。

 贈呈には、中原ひろみ、村上あつ子、近松さと子各広島市議、つくだ守生県議予定候補(広島市安佐南区)、藤井とし子(安佐南区)、清水ていこ(安佐北区)各市議予定候補らが同席しました。